忍者ブログ
 関西翻訳ミステリー読書会のお知らせなどをアップしていきます。  関西翻訳ミステリー読書会は、翻訳ミステリー大賞シンジケートの後援のもと、関西で翻訳ミステリーの読書会を行っております。これまでは大阪のみでしたが、12月に神戸と京都でも行います。いずれは関西全域で読書会ができるよう目指しています。  無断転載はお断りします。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
mihokageyama
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [4]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読書会で一番大切な物

 読書会主催者を殺すにゃ刃物は入らぬ、参加者だれも来なけりゃいい……と申します。

 いくら課題本がツッコミどころ満載でも、いくら会場がすてきでも、参加者がいないと読書会が成立しないからです。まあ、さいわいなことに参加者が来なくて主催者が絶望のあまり……というのは、まだ聞いたことがありません。  

 ただ読書会っていうのは他のイベントとちょっと違って、参加者が多けりゃいいってもんでもないです。多かったら意見交換があまりできないとか、つっこんだ話ができないとか、感想を言っただけで終わっちゃうとか、などなど不便なことあります。  

 どのくらいの人数がいいかというと、10人から15人くらいでしょうか。はずかしがりやさんで口べたな人はしゃべらなくてもいいし、しゃべりたい人はいっぱいしゃべられるし。  

 翻訳ミステリー読書会はだいたい20名程度の募集なのですが、参加者が多くなるとふた組にわけることが多いようです。大阪はやったことないですが、次回からやってみたいと思ってます。  

 でも今回ちょっと珍しいのですが、残り2週間でまだ残席があるんです。なので、20名にはならないかもしれませんね。 いや、なってほしいけど。  

 もし27日の夜に大阪にいらっしゃる方は、ぜひご参加下さい。今回はとびきり新鮮なコージーをやります。課題本は『名探偵のキッシュをひとつ』エイヴリ・エイムズ著/赤尾秀子訳

 詳しくはこちら

 コージーって何? それおいしいのって方の参加をお待ちしてます。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


Copyright (C) 2010 関西翻訳ミステリー読書会,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by nicole  / 忍者ブログ / [PR]