忍者ブログ
 関西翻訳ミステリー読書会のお知らせなどをアップしていきます。  関西翻訳ミステリー読書会は、翻訳ミステリー大賞シンジケートの後援のもと、関西で翻訳ミステリーの読書会を行っております。これまでは大阪のみでしたが、12月に神戸と京都でも行います。いずれは関西全域で読書会ができるよう目指しています。  無断転載はお断りします。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
mihokageyama
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第7回読書会レポート(1)

 7月27日(金)に梅田の某所で、『名探偵のキッシュをひとつ』エイヴリー・エイムズ著/赤尾秀子訳(コージーブックス)の読書会を行いました。

 自分がしょっちゅうコージーを読んでるもんだから、他人も当然読んでるって思ってたのですが「コージー読むのこれが始めて!」という方が多く、ちょっとびっくり。それでも始めて読んだコージー・ミステリ。みなさん、どんな感想を持ったのでしょう?

「生ぬるい」「筋が荒い」「捜査方法も荒い」「え、全然捜査してなかったと思ったけど」「勝手に人の事務所に入ってる……不法侵入してもいいの?」「次は読まない」

 って、ええ? けっこうシビアな意見ですね。他には。

「伏線張ってるわけじゃないのに、登場人物多すぎ!」「登場人物表に載ってない人も多かったし」「料理のレシピ載ってるけど、イマイチ。クッキング・ママならもっとしっかり載ってるけど」

 確かにそうかもしれないけど……。

「捜査する動機があいまい」

 え、でもおばあちゃんが容疑者なんだけど……。

「だったらもっとしっかり捜査したほうが……」「おばあちゃんも、家で選挙活動したり、芝居の稽古したり現実離れしてる」

 そ、そ、そうですか。

「でも雰囲気づくりはよかったかも」「アーミッシュ出したり」「レベッカのお父さん印象的」「ウェブ担当のボズがよかった、次はもっと活躍してほしい」

 そうですね。

「でも次は読まないな」

 えぇっ。

(続く)
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


Copyright (C) 2010 関西翻訳ミステリー読書会,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by nicole  / 忍者ブログ / [PR]